サイトマップ ≫
TOP>事業案内TOP>ごみの収集及び再資源化
■ ごみの収集及び再資源化
 
1.家庭ごみ
 (1)生活ごみ
 鳥取市の収集計画に基づき、各家庭から排出された生活ごみの収集を行なっています。
 ごみはきちんと分別して、決められた場所(ごみステーション)に収集日の朝8時までに出してください。
 可燃ごみとプラスチックごみは、鳥取市の指定袋以外で出されたものは収集できませんので、ご注意ください。(可燃ごみ、プラスチックごみ以外のごみについては従来どおりです。)
 
ごみの分別と出し方はこちら
 
 (2)大型ごみ
 ごみステーションでは収集できない大型ごみを、有料で収集しています。
 受付は、大型ごみ受付センター(Tel 0857-22-0353 受付時間 月〜金 8:0016:30)で行っております。
 収集日に立会いが出来ない場合は、前日までに @鳥取市生活環境課 A大型ごみ受付センター B大型ごみ納付券取扱所のシールが貼ってあるコンビニエンスストア のいずれかで手数料を支払い、受け取った納付券をそれぞれの大型ごみに貼って、玄関先など指定された場所へ持ち出しておいてください。
 持ち出しの際には、危険ですので道路上に出したり、積み重ねたりしないようにお願いします。また、納付券の貼られていないもの、ごみステーション、指定以外の場所に出されているものは収集できませんので、ご注意下さい。
 家電4品目(テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン)につきましては、家電リサイクル法により一般の大型ごみとして取り扱うことができませんので、家電小売店に引き取りを依頼するか直接指定引取場所に持ち込んでください。
 上記以外の場合は、郵便局で再商品化料金を支払い、大型ごみ受付センターに収集の依頼をしてください。(大型ごみ受付センターで処理する場合、別途収集運搬料金が掛かります)
 また、パソコンにつきましても、各メーカーの受付窓口に処理を依頼してください。
 なお、タイヤ、バッテリー、消火器、オートバイなどは収集できませんので、購入先もしくは専門業者に処理を依頼してください。
 
大型ごみ処理手数料一覧表はこちら
 
 (3)引越しごみ・一時多量ごみ
 引越しや庭木の剪定などで臨時的又は一時的に多量のごみが発生した場合、ごみステーションでの収集ができません。
 個別に有料収集にて対応します。公社までご連絡下さい。
 
 (4)医療ごみ
 医療・介護等によって発生した注射器、点滴、アンプル等の医療ごみは、ごみステーションでの収集ができませんので、購入先に引取りを依頼してください。
 
2.事業ごみ
 家庭ごみ以外の全てのごみ(商店、工場、学校、飲食店、旅館などの事業活動に伴って生じたごみ)を事業所ごみといいます。
 事業所ごみは、法律により事業主自らが適正に処理することが義務付けられています。
 具体的には
     @ 自ら処理施設を建設し、処理する(自家処理)

     A 自ら定められた処理施設へ搬入する(自己搬入)

     B 収集運搬許可業者へ処理を委託する(業者委託) 
のいずれかの方法で処理をしなければなりません。全ての事業所ごみは、家庭ごみと一緒にごみステーションに出すことはできません。
 当公社は、一般廃棄物及び産業廃棄物の収集運搬許可業者として、事業所ごみの収集運搬を行っています。
 収集方法、料金など、詳しい内容につきましては、公社までご相談下さい。
 
3.廃棄物の再資源化
 ごみの減量化、循環型社会の構築に寄与するため、廃棄物の再資源化事業に取り組んでいます。
 マグネット・リフティング方式による分別施設により、収集した事業所ごみの中から缶などの金属くず、ビン、古紙等の専ら物(専ら再生利用の目的となる廃棄物)を分別し、再生原料としています。
 また、敷地内に廃発泡スチロールの中間処理施設を設置し、発泡スチロールの減容処理を行っています。処理した発泡スチロールは、プラスチック等の原料としています。