サイトマップ ≫
TOP>お知らせ
■ お知らせ
 
 
 平成30年1月20日(土)鳥取市環境事業公社の新社屋の安全祈願祭と起工式を行いました。式には施工業者ら関

係者約70人が出席しました。

 公益財団法人鳥取市環境事業公社(理事長 星見喜昭、職員数約270名)は、現社屋が、昭和55年5月の建築(鉄

骨鉄筋コンクリート造2階建、延べ827.86u)であり、職員数、事務量に対し手狭となっており、耐震性にも問題があ

ることから、社屋の新築を行います。
 
 
   
 
 
 
 
       鉄骨造4階建
   建築面積661.97u 延べ面積2638.65u 
 
 新社屋は、最新の省エネシステムを採用しています。

 全館LED照明取り入れ、空調設備は地中熱を利用した空調システムとし、四季を問わず、十五度程度の室温が保

てるようになります。

 自動車業界では、今後、世界的にEV化にシフトされる中、市民の皆様や県内外から来県される観光客や、ビジネ

スマンの方々に、自由にご利用して頂けるようにとEV充電設備を社屋の前に設置します。

 オフィスは、総務省が推奨しています働き方改革を採用し、職員には個々の机を与えないで、長机による空間作業

を実施しワントップ化を目指しています。この社屋が完成いたしますと業務効率もぐんと向上し、企業・市民の皆様、

お客様に高いサービスを寄与出来るものと自負しております。